SQLServerでシステム内でユニークな値を生成するNEWID()の利用方法

SQLServer

SQLServerでシステム内でユニークな値を利用したい時があります。

そのような時に便利に使えるのがNEWID()です。

UNIQUEIDENTIFIER型の一意な値を作成するNEWID()

NEWID()はUNIQUEIDENTIFIER型の一意な値を作成する関数です。

NEWID()を利用することで、サロゲートキーを簡単に生成することができます。

実行結果は以下の通りです。

名前 所属会社 部署 サロゲートキー
トラスト2号 システムトラスト 営業部 B3936363-2C09-4033-BE77-0DCF29B12671
トラスト1号 システムトラスト 技術部 F2F79653-5EA3-4760-8F50-43B8DDA4ED07
トラスト3号 システムトラスト 技術部 DB1DD111-FABC-4AA9-B88E-878FDAB167E5
トラスト5号 システムトラスト 技術部 65AE3E67-BF2A-4AC2-B0D9-0EDD5789D525
トラスト4号 システムトラスト 総務部 9A27DED2-3E3E-47A5-B016-2C1A40A3E184

サロゲートキーにランダムでユニークな値が設定されています・

参考

NEWID()はRFC4122に準拠しています。
RFC4122についてはこちらを参照しててください。

以上、SQLServerでシステム内でユニークな値を生成するNEWID()の利用方法でした。